洲本5人刺殺事件被告の父親 命を持って償いたい

スポンサードリンク




2015年3月に兵庫県洲本市で男女5人が刺殺された事件で、殺人などの罪に問われた平野達彦被告(42)の裁判員裁判が21日、神戸地裁であった。出廷した同被告の父親が遺族に対し「命を持って償いたい」と声を震わせながら謝罪した。

 父親は事件について「(同被告が)人に手を上げることはなかった。想像も及ばなかった」とも述べた。

 裁判官が同被告に質問する時間もあり、同被告が主張する電磁波兵器による被害について「裁判でいろんな人の話を聞いて自分の考えは違うかもしれないと思ったか」と聞くと、同被告は「ありません」と断言。「被害者は殺されても仕方ないと考えるのか」と問うと「答えたくありません」と話した。

 被害者の孫も質問し、反省の有無を尋ねると、同被告は「答えたくありません」と返した。
 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

二つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA