洲本5人刺殺、犯行時の精神状態焦点 22日判決

スポンサードリンク




平成の八墓村といわれた、淡路島猟奇殺人事件の判決が22日言い渡される。

犯行時の精神状態について、裁判員の難しい判断に注目が集まることであろう。

自分としては、犯行時サバイバルナイフを用意し犯行に臨むなど、用意周到、寝込みを襲うなど、計画的なことを考えると、十分判断能力があったと考えるのだが。

 兵庫県洲本市で2015年3月、2家族の男女計5人が刺殺された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた平野達彦被告(42)に22日、神戸地裁の裁判員裁判で判決が言い渡される。

平野被告は公判で「殺害は自分の意思ではなく、操作された」と主張。

検察側は、犯行が通常の人格の中で行われ「完全な責任能力があった」として死刑を求刑。

弁護側は「心神喪失か心神耗弱だった」と無罪か死刑回避を求めた。犯行時の精神状態について裁判員の判断が注目される。

 

 

 

 平野被告は公判で「本当の被害者は私」「工作員が私の脳を電磁波兵器でブレーンジャックした(乗っ取った)」などと持論を展開。

精神鑑定を行った医師は、向精神薬の大量摂取による精神障害が妄想を引き起こし、動機に影響したことに言及する一方、「責任を取る意味での人格は保たれていた」と証言した。

 精神障害が犯行に与えた影響について、検察側は「独特の世界観や動機の形成に影響は限定的」と強調、弁護側は「攻撃の被害者という妄想に取りつかれていた」と反論した。

 犯行時の精神状態について、検察側は精神鑑定結果や犯行の計画性などに着目し「完全責任能力を有していた」と主張。弁護側は「精神障害で正常な善悪が判断できなかった」とした。

 判決公判は22日午後4時から。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
ランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA