洲本マラソン1640人が疾走

スポンサードリンク




「2017すもとマラソン」(神戸新聞社後援)が12日、兵庫県洲本市立五色中学校を発着点に開かれた。爽やかな青空の下、全国から集まった市民ランナー約1640人が自然豊かなコースを疾走。ゴール後には、淡路島の特産品を使ったグルメを堪能した。

 市やスポーツ関係団体などでつくる実行委員会が主催し、6回目。2キロ▽5キロ▽ハーフ▽ファミリー-の4種目で、性別や年齢別に順位を競った。

 号砲とともにスタートを切った出場者たちは、山あいの田園地帯や海岸沿いの起伏に富んだコースへ続々と繰り出した。沿道に待ち構える家族や同僚、「洲本八狸」など地元のゆるキャラたちの声援を味方に快走。五色中へと戻る終盤の登り坂を一気に駆け上がると、すがすがしい表情でゴールした。

 5キロ女子39歳以下の部では、同市立青雲中学校の陸上部員が1~3位を独占。19分55秒で優勝した3年の西田澪可さん(15)は「記録はあんまりだったけど、3人で表彰台に上れたことが何よりうれしい」と汗を拭った。

 五色中グラウンドには、野菜たっぷりの豚汁や「淡路島ぬーどる」などを振る舞うブースがずらりと並び、ゴールした出場者たちが舌鼓を打った。世界遺産登録を目指す「鳴門の渦潮」をPRしようと、市民団体が設置した顔はめパネルも人気を集めていた。

 

淡路島宿泊最安値ならこちら☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

 

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

二つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA