気になるニュース 関空-洲本航路の早期再開を 女将の会が要望書

スポンサードリンク




旅客船運航会社「淡路ジェノバライン」(淡路市岩屋)が準備を進めている関西空港-洲本港間の定期航路について、「洲本温泉観光旅館連盟女将(おかみ)の会」(木下圭子会長)は18日、洲本市を訪れ竹内通弘市長に早期運航開始を要望した。

定期航路は同社が明石-岩屋間で運航している旅客船を改修し、今年4月の運航開始を目指して準備を進めていた。復活すれば平成19年以来10年ぶりで、島内の商工観光の活性化や交流人口増加に期待が高まっている。しかし、洲本港周辺の駐車場確保、船着き場や関連施設のバリアフリー化などの課題があり、同社から国土交通省へ運航許可申請はまだ提出されておらず、4月の運航開始は難しくなっている。

要望書は運航が始まらないことで外国人観光客向けの情報発信がストップしており「営業活動に大きなブレーキがかかっている状態が続いている」とし、「淡路島の発展のため一日も早い航路再開に向けて受け入れ体制の整備充実に配慮をお願いしたい」と訴えている。

木下会長は「今取り組まなければ、特に外国人観光客に『淡路島は駄目だ』というレッテルを貼られてしまう。島内の雇用を生み出す点からも力を入れてほしい」と話した。竹内市長は「海からの来島者の受け入れは大事なことで、市にとってもチャンス。航路を再開するのは事業者だが、市としても2次交通や島内観光について取り組みたい」と説明した。

一方、淡路ジェノバラインは航路開始時期は未定で「関係団体と調整を進め、2月上旬にも社内で協議して申請時期を定めたい」としている。

 

この記事を見ての感想

関空航路が復活したとして、どうなの受け入れ態勢は?

どうなの?

まったくもってダメダメさきがおもいやられます。

淡路島のどこを見ても外国語での案内を見たことないのは、私だけでしょうか?

洲本温泉に泊まるとして外国語話せる人がどれくらいいるのでしょうか?

宗教によって食事の制限とかあるの知っていますか?

いろんなところを見ても全く外国人客に対してのインフラがダメダメなのが分かっていないのでは、この先が思いやられる。

まったくもって、「アホバッカ!!」「淡路島は駄目だ」というレッテルを張られてしまうだと、そんなレベルか??もうダメでしょうが??認知度も最低でしょうが!!

外国語の案内が無い!

外国語を話せる人がいない!!

バスセンター内にある観光案内書が外国人に対応されてると思わない!!!

何よりも、観光の足が確保されてると思わない!!!思えない!!!!!!

コインロッカーが全くない!!!!!

無い!

無い!

無い!

無い!

提案

  • 淡路島の観光地、バスセンター、宿泊施設に外国語での案内板の設置、外国語を話せる人を配置
  • バスセンターにコインロッカー増設
  • バスセンターから、洲本温泉旅館経由の観光地までのバスを走らせる

最低でもこれくらいは必要だと思いませんか?

関空航路再開もまだ未定だそうですが

これを悲観せず前向きに

対応の時間が与えられたと思って頑張ってもらいたいです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

二つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

1 個のコメント

  • 淡路島をこよなく愛するsinさんだからこそ、この厳しい言葉が言えるのですね!
    甘やかすだけではなく、冷静に島が良くなるように考える、本当の愛情が伺えました^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA