春をつげる イカナゴのシンコ漁、3月7日解禁 

スポンサードリンク




イカナゴのシンコ漁、3月7日解禁 

瀬戸内海の春を告げるイカナゴのシンコ漁について兵庫県と大阪府の漁業者らは28日、神戸市内などで会議を開き、今年の解禁日を3月7日に決めた。

県水産課によると、1993年以降で最も遅かった2005、16年と同じ。

会議では、兵庫県と大阪府の水産研究機関による漁況予報と、漁業者による試験操業の結果などを基に解禁日を設定。県水産課によると、28日に播磨灘と大阪湾で漁業者が行った試験操業では、シンコは加工に適した3センチをおおむね超えていたという。

シンコはイカナゴの稚魚で、「釜揚げ」や甘辛く炊きあげる「くぎ煮」が季節の味として沿岸各地で親しまれている。

淡路島では、各家庭で独自の味がるといわれる、「くぎ煮」

スーパーとか行くと、「くぎ煮」用のパックとか、売られているのは、淡路島ならでは

春の訪れがそこまで来ました。

4月の後半ごろには、シラス漁が始まると、あの有名な「生シラス丼」が食べられるようになります。

待ちどおしいです。

イカナゴとは?

イカナゴ
Northern sand lance.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : イカナゴ亜目 Ammodytoidei
: イカナゴ科 Ammodytidae
: イカナゴ属 Ammodytes
: イカナゴ A. personatus
学名
Ammodytes personatus
Girard, 1856
英名
Japanese sand lance

イカナゴ(玉筋魚、鮊子 Ammodytes personatus)は、スズキ目 ワニギス亜目イカナゴ科の魚類。様々な地方名があり、稚魚は東日本で「コウナゴ(小女子)」[1][2]、西日本で「シンコ(新子)」。成長したものは北海道で「オオナゴ(大女子)」、東北で「メロウド(女郎人)」、西日本では「フルセ (古背)」、「カマスゴ(加末須古)」、「カナギ(金釘)」などと呼ばれる。イワシなどと並んで沿岸における食物連鎖の底辺を支える重要な魚種である。季語、晩春。(Wikipedia)

 

 

 

 

淡路島宿泊最安値☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

おすすめ旅行グッズ☞これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめグッズ

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

三つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA