日本迷惑遺産 朽ち果てる世界平和観音像

スポンサードリンク




日本迷惑遺産 朽ち果てる世界平和観音像

 

世界平和観音像

淡路島に来た人は、きっと見たことがある、世界平和観音

きっと「あれは何だ?」と思ったでしょう。

高さ100メートルもある巨大な像は、対岸の大阪、遠くは紀伊半島からもみることができるそう。

現在は、所有者もなく朽ち果てる巨大な像である。

 

 

世界平和観音は、とは?

大阪の資産家(奥内)が、資材を投じ出身地である淡路島に1977年に建立したもの。

100mの巨大な観音菩薩が主な施設である。建設当時アルミでできた頭部をヘリコプターで運ぶほど大掛かりな建立だった。

唯一台座部分の1階が豊清山平和観音寺となっており本尊が祀られる宗教施設の観を呈するが、上階ならびに地階のほとんどは奥内の個人コレクションからなる博物館であった。

巨大な像の首のぶぶんには、大阪湾を一望する展望台があったが、強風の日など大きく揺れるありさまで、また、この展望台がむち打ち用のギブスを連想させることから、「むち打ち観音」との異名をもった。

内部4階にはかつては「海の見える展望レストラン」も存在したが、経営が傾きだしてからは休業したままであった。

観光客誘致目的で建立された当初、多い日には2000人の来客を集めたものの、この異様ともいうべきパラダイス風な展示内容が一部好事家らにマニア受けしたほかは、一般観光客や観光業界、地元からは異端視。

管理のお粗末さも手伝い顧みられることなく、1988年に資産家(奥内)が死去、夫人が遺志を引き継ぎ営業を継続するも2006年死去し閉館。

相続人も遺産相続を拒否し、次第に廃墟への道を歩み現在に至っている。

 

敷地内には十重之塔(高さ約40m)、五百羅漢像、「自由の女神」のレプリカ、D51 828も置かれていた。

 

現在

所有者不在のまま荒れ果てた状態で現在放置されている。

外壁の一部が崩落し、倒壊の危険性も指摘されるが、地元の淡路市も債権者への配慮などから積極的に手が出せない状態。

買い取りを申し出る人もいたが、荒廃した内部を見てあきらめたという。「迷惑観音」との声まで上がる巨大仏像を巡る問題は法的な権利も複雑に絡み、解決策がないそうだ。

行政はこのままいつまでほっておくのだろうか?

倒壊し人的被害が出てからでは、遅すぎるのだが!!

下には国道28号線がある。

走行中に倒壊でもあれば、かなりの被害が出る恐れもあるのだ!!

よってこの世界平和観音像には、日本迷惑遺産に登録される模様(ウソ)

 

 

平和観音寺と世界平和大観音像

平和観音寺のシンボル世界平和大観音像、その姿は大阪湾海上や遠く紀伊半島からでも確認できる

 

 

淡路島宿泊最安値☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

おすすめ旅行グッズ☞これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめグッズ

 

 

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

ランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA