就農へ、サポート洲本市が4月から開始 

スポンサードリンク




新しく農業を始める人の支援へ、兵庫県洲本市は4月から、経験豊富なベテラン農家のもとで学ぶ研修制度を新たに始める。栽培技術の習得に加え、慣れない土地での地域との橋渡し役も。農家の高齢化が課題となる中、新たな担い手の不安な船出をサポートする。(神戸新聞)

就農希望者にとって、事前に思い描いた生活と現実との違いに戸惑うケースは多い。

同市では、まず「地域おこし協力隊」とともに1週間ほど農業を体験。

就農の意思があれば市内の農家のもとで研修する。

 

農業始める難しさ

栽培技術の習得や、農機や倉庫の確保。農業を始めるには解決すべき課題が多いが、兵庫県洲本市五色町の農家、Aさん(39)は「最初の農地確保が一番大変だった」。

川西市出身のAさんは、淡路島の豊かな自然に引かれて洲本市に移住。

農業生産法人で働きながら栽培技術を学ぶ日々。ようやく独り立ちをしようとした頃に、立ちはだかったのが農地の壁だったといいます。

「仮に土地が余っていても、いきなり来た見ず知らずの人間にはなかなか貸してもらえなかった」と話し、地域住民とのつながりが重要といいます。

就農へのサポートをされているところも多いでしょう。

しかし、実際に就農しようとしても、数年は、無収入を覚悟しなくてはいけないでしょう。

そして、地元の方々との、コミュニケーションも大事だとおもいます。

どうしても、田舎(淡路島全てとは言えないが)は、閉鎖的なところも多く、外者に対して、友好的でないことも多いと聞きます。

決して負けない覚悟をもって就農にトライし地元に溶け込むことができるようなら、Aさんのように、一歩踏み出すこともできるでしょう。

就農そういえば、「鉄腕ダッシュ」でもレタス農家での研修をされてる方を取り上げられていました。

成功はすべて自分の報酬になり、失敗も全て自分に返ってくる、

覚悟さえあれば、素晴らしい

就農あなたにも、夢を叶えることはできるはずです。

独立を考えてる方どうだろうか?

 

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
ランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA