イングランドの丘に隣接 兵庫県最大級の直売所 「あわじ島まるごと 直売所 美菜恋来屋」

スポンサードリンク




淡路島たまねぎをはじめとする野菜に、淡路ビーフや魚介など、淡路島はとにかく食材が豊富です。

そんな島の豊富な食材が集まる産直市場は、採れたて野菜や新鮮な魚などが買えるとあって、観光スポットとしても人気。

そこで、島内のおすすめ産直市場を紹介!!

こちら「あわじ島まるごと 直売所 美菜恋来屋」は、イングランドの丘に隣接されていますから、

どちらも、一度に回ることができるのでお勧め。

■ 島の食材が集まる兵庫県最大級の直売所

「あわじ島まるごと 直売所 美菜恋来屋」は、兵庫県最大級の農畜水産物直売所。

地元野菜や近海で捕れた魚介、淡路ビーフなど島内各地から届く旬の恵みが豊富にそろう。ご当地グルメ&スイーツが味わえるフードコート「ごっつぉの森」も人気。

 

農畜水産物や特産品などを販売する「ほんまもん市場」

 

生産者の名前が書かれた安心野菜が店内にズラリと並び、南あわじを中心に島内から新鮮な野菜や魚介などが毎日届けられています。

朝一よりも10時ごろが品ぞろえ豊富でオススメですよ

鳴門海峡で育った天然もの鯛(1770円)。3・4月ごろのものは桜鯛、10・11月ごろは紅葉鯛と呼ぶ/特選淡路ビーフ最高級ステーキ肉(1296円/100g)は、市価より安く購入できます。

淡路島を代表する地野菜の淡路島たまねぎ(800円/1箱3kg)。旬は4~9月/実は淡路島はレタスの栽培も盛ん。レタス(120円)は、温野菜として食べてもおいしい。旬は9~5月/あわじ島のおいしいお米(キヌヒカリ300円/1kg)は、コシヒカリなどの3種を1kg単位で販売。

 

ご当地グルメを販売するフードコート「ごっつぉの森」

 

 

席数80席。

「魚魚カツ-GYOGYOKATSU-」では、南淡路の漁協から仕入れる旬の魚をカツにして提供。一番人気のアジや、春に旬を迎えるサワラ(216円)など、島ならではのカツを堪能しよう。あじカツ(216円)は、衣がサクッと薄いのでアジの鮮度が味わえる。塩など5種の調味料で食べる。<時間:10時~15時 休み:火曜>

 

淡路島牧場プロデュースの「あわじちゃんカフェ」では、ソフトクリームやシュークリームなど、島で搾った淡路島牛乳がたっぷりの贅沢なスイーツがいっぱい。ミルクソフトクリーム(300円)は、淡路島牛乳のなかでも高級な、生産者を限定した匠牛乳を使用。シュークリーム(250円)は、カスタードクリームと生地にも淡路島牛乳を使い、フワッとした食感を実現。<時間:9時30分~16時 休み:火曜>

 

「オニオン&オリーヴ淡路島」では、淡路島たまねぎとオリーブを手がける業者がコラボし、多彩な加工食品を販売。人気の玉ねぎスープや淡路島産オリーブの試食もOK。淡路島たまねぎのうま味が詰まった玉ねぎカツ(1個150円)。3個だと400円とお得。<時間:11時~16時 休み:火曜>

 

アクセスデーター

住所 〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1408
TEL 0799-43-3751
営業時間 9:00〜18:00(火曜日定休)

 

 

地図

 

 

 

 

淡路島宿泊最安値☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

おすすめ旅行グッズ☞これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめグッズ

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
ランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA