一集落一農家で効率営農開始 営農の法人化へ

スポンサードリンク




営農環境の悪い棚田を整形しなおし、効率のいい営農を行う国の基盤整備事業が始動。

棚田を再整形

(淡路市生田大坪地区)

6月にも生産法人に

棚田の小さな田んぼを今後3年で大きく整形しなおし、農道パイプラインのほか、6次産業化を進めるための農業用倉庫や加工場の用地を整備。

今後は計405枚ある平均面積5アールの棚田を、計119枚平均20アールに成型作業効率の向上をめざす。

 

また、同地区は、6月にも農地生産法人を設立。

農地を集約して貸し出す県農地中間管理機構を通し農地の利用権を個人から同法人に移し、農地を一元管理する。

農地を一元管理することにより、納期の購入など個人による過剰投資が抑えられ、戦略的な作物生産を行いやすい利点がある。

棚田は、一つ一つの田が小さくふぞろいで、トラクターや耕運機が入りにくく非効率な為、耕作放棄地が発生しやくす、同地区の2割が耕作放棄地になっていた。

県は、この事業をモデル地区としたいという。

少子高齢化後を取るものが少なくなり放棄されるところも多く

今後単純作業は、機会に取って代わり人の仕事が減ってくる世になってくる

営農の法人化が進み

新たな働く場があれば

働く場が少ない淡路島若い子が多く島を離れる事もなくなるだろう。

 

淡路島宿泊最安値☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

おすすめ旅行グッズ☞これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめグッズ

 

 

 

スポンサーリンク







 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

ランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA