お土産におすすめの養殖ワカメ最盛期を迎える

スポンサードリンク




養殖ワカメの天日干し作業が、兵庫県淡路市塩尾の塩田漁港で最盛期を迎えました。

昨シーズンは不作だったが、今年は順調に生育し、

早春の日差しを浴び、浜に磯の香りを漂わせています。

養殖若芽は、地元漁師の冬場の副業として40年以上前に始まり、現在は津名漁協塩田支所に所属する10軒が沖合で養殖をされている。

同漁港の作業場では、水揚げしたワカメを一束ずつロープにつるし、2日間天日、一度水洗いして丸1日干すと、茶褐色から黒みを帯びてくる。

袋詰めされた製品は地元の土産物店などで販売されています。

ゆがくと肉厚で柔らかな食感が楽しめる。

今が旬の淡路島わかめ

お土産にどうでしょう。

追記

我が家では、小さく刻んで、お味噌汁に入れています。

 

 

 

 

淡路島宿泊最安値☞ホテル・旅館を検索 [Yahoo!トラベル]

おすすめ旅行グッズ☞これさえあれば安心、旅行にべんりなおすすめグッズ

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

三つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA