「サイコテロリストに脳をジャックされた」2家族5人を惨殺した“兵庫の殺人鬼”が法廷でトンデモ話を連発!

スポンサードリンク




2015年3月に兵庫県洲本市で2家族計5人が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた平野達彦被告(42)の裁判員裁判の初公判が8日開かれ、前代未聞の仰天証言が飛び出した。

 事件が起きたのは2015年3月9日午前7時過ぎ。洲本市中川原町に住む土木事務所職員の62歳男性と59歳の妻、84歳の母親が殺害された。また近くに住む無職の82歳男性とその妻、無職の79歳男性も遺体で発見された。通報したのは62歳男性の娘で、父親から「逃げろ」と言われ、難を逃れていた。

平野容疑者は殺害後も現場近くの路上で血の付いた衣服を着て佇んでいたという。その後、駆けつけた警察官に確保された同容疑者。取り調べに「裁判が始まるまで捜査官には話さない」と一貫して黙秘を貫いていた。
その平野容疑者の口からどのような証言が飛び出すのか? 注目の公判はにわかには信じがたいトンデモ話のオンパレードだった。

 冒頭で「今回の事件は完全なえん罪です」と口火を切った同容疑者は、次のように主張した。

「私は無罪です。本当の被害者は被告とされている私であります。私の家族や親族も被害者です。 私の身体が被害者とされる5人の命を奪ったとするならば、それは工作員が私の脳を電磁波兵器によってブレインジャックして殺害意思を持つよう強制したからです」

 犯行は自分の意志ではなく、第三者に脳をコントロールされたためというのだ。なおも同容疑者の話は続く。

「事件は、日本国政府やそれに同調する工作員連中が日本国内の人物全てを対象として行っているテクノロジー犯罪、集団ストーカー犯罪です。それらを私は『精神工学戦争』と呼んでいますが、今回の事件はそれを隠蔽するために仕組まれたものです。 その目的は彼らの人体実験をかねた精神工学戦争や大企業による複数の犯罪を隠蔽し、他方で私の財産を奪うことにあります」

 平野容疑者によると、殺害した5人は自身の脳をジャックした「サイコテロリスト」だそうで「人権先進国では精神工学戦争の被害者は裁判などで救済されていますが、人権後進国の日本では本来被害者として守られるべき人々が精神障害者などとデッチあげられ、社会的な信用や人生、生命、財産などを奪われ、人体実験を続けられ、人としての尊厳を奪われています」と訴えた。

 あまりのハチャメチャ理論に法廷は騒然となったが、同容疑者は今後予定されている被告人質問や最終陳述で“真相”を明らかにすると誓っていたという。傍聴した社会部記者は「誰がどう見ても精神疾患者だが、それも弁護側の作戦かもしれない。弁護側は『犯行当時は精神状態が異常で正常な判断ができなかった』と繰り返し主張しています」と話す。

ハリウッド映画にでもありそうな、電脳ハックを主張

もし仮に、そんなことがあったとしても、田舎の淡路島それも、いい年をした、ニートで引きこもりな男に電脳ハックする必要があるのか?

あまりにもSFチックな答弁には、呆れるしかありません。

また、この主張が、弁護士との計画のうちなら、なお許すことは、できない。

責任能力が問われない

結局は、そんな判決になるのでしょう。

真相を明らかにすることが、亡くなった方への弔いとなることをわかってもらいたい。

 

 
 

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国内旅行 ブログランキングへ

二つのランキングにエントリーしています。良ければ応援のクリックおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA